Research

トップページ   1分子生物化学分野

1分子生物化学分野

生体の機能を分子レベルで解明する研究に取り組んでいます。例えば、蛋白質1分子を計測する技術の開発を行い、蛋白質、特に膜蛋白の動作原理を明らかにしようとしています。1分子計測技術を応用して、膜蛋白1分子を使った超高感度センサーの開発にも取り組んでいます(井出)。白血球(好中球)前駆細胞をG-CSFで刺激する事で成熟好中球が分化生成する過程を解析し、その異常による白血病発症の機構を明らかにします(村上)。殺虫トキシンを利用した効率的且つ持続可能な蚊防除システムの構築、及びトキシンペプチドの新規利用に関する研究を行っています(早川)。がん細胞の増殖に伴う免疫細胞の変化の解明を目指します(増田)。バイオテクノロジー、生化学、生物物理学、免疫学を駆使して新しいサイエンス、テクノロジーを創成することが私達の目標です。

研究室データ

バイオ・創薬部門 1分子生物化学分野
教授 井出 徹 
准教授 村上 宏 
助教 早川 徹
助教 増田 潤子 

http://www.cc.okayama-u.ac.jp/single_molecule/index.html

PROJECT
プロジェクト