Research

トップページ   生体機能再生再建医学分野

生体機能再生再建医学分野

岡山大学病院眼科で診療する医師として視覚に関する研究を行っている。トレハロース点眼薬の開発、人工網膜の開発にも取り組んできた。トレハロース点眼薬は、岡山大学病院でドライアイに対する臨床試験を実施した。国内では果たせなかったが、フランス製薬会社Theaより一般薬として欧州で市販されている。人工網膜は世界初の色素結合薄膜型で、岡山大学病院においてfrist-in-human医師主導治験を実施するため、(独)医薬品医療機器総合機構PMDAと相談を進めている。基礎研究としては、斜視の遺伝解析を行ってきた。55家系の連鎖解析から遺伝子座を特定し、1塩基多型SNPを使った連鎖解析で斜視関連遺伝子(両眼視関連遺伝子)MGST2とWNT2を特定した。臨床研究としては、専門とする小児眼科、眼腫瘍、ぶどう膜炎(全身疾患と眼炎症)に関する臨床論文を発表している。眼科臨床医として、白内障手術、硝子体手術、緑内障手術などの手術も行っている。

生体機能再生再建医学分野

研究室データ

ヘルスケアサイエンス部門 生体機能再生再建医学分野
教授 松尾 俊彦

PROJECT
プロジェクト