Research

トップページ   研究   1分子生物化学分野   1 分子計測法によるセンサーの開発

バイオ・創薬部門1分子生物化学分野

1 分子計測法によるセンサーの開発

1分子計測技術を用いた高感度薬物センサーの開発を行っています。膜タンパクと総称されるタンパク群は細胞の膜に存在し、細胞内外の物質の出入りを制御しています。これらのタンパクは、遺伝子発現から神経活動まで、あらゆる細胞の活動に関与しています。膜タンパクの機能不全は、大きな疾病につながることが予想され、実際に膜タンパクの変異に起因する遺伝病がたくさん知られています。膜タンパクは医薬品開発の重要なターゲットですが、薬効を調べる効率的な方法が存在しないため、その開発は大きく立ち遅れています。私たちは、光と電気を用いた計測によるHTS(ハイスループットスクリーニング)デバイスの開発を目指しています。特に人工脂質膜法と呼ばれる計測法は、測定条件を自在に変えられることから私達の目的に合った手法です。旧来の方法とは異なる、新しい人工脂質膜法を開発することが私達の目標です。

1 分子計測法によるセンサーの開発

研究室データ

バイオ・創薬部門 1分子生物化学分野
教授 井出 徹
准教授 村上 宏
助教 早川 徹
助教 増田 潤子

http://www.cc.okayama-u.ac.jp/single_molecule/index.html