Research

トップページ   研究   細胞機能設計学分野   in vivo抗体産生系を模倣したin vitro抗体作製技術の開発

バイオ・創薬部門細胞機能設計学分野

in vivo抗体産生系を模倣したin vitro抗体作製技術の開発

in vivo抗体産生系を模倣したin vitro抗体作製技術の開発

抗体は標的抗原に特異的かつ高親和性に結合する能力を有し、病原体を不活化あるいは排除します。この性質を利用して、抗体は微量にしか存在しない標的検出のための研究試薬や診断薬に用いられる他、特定の疾病に対する医薬として応用されてきています。抗体を産生するB細胞が活性化すると、胚中心と呼ばれる微小環境をリンパ組織中に形成し、抗体を分泌する形質細胞や次の感染に備える記憶細胞へと分化します。さらにその過程で、抗体抗原結合部位の変異と標的への親和性が向上したクロンの選択により、抗体の親和性成熟と呼ばれる抗体の進化が起こります。我々は、抗体を産生するB細胞が活性化する場であるリンパ組織での細胞間相互作用を再現できるinvitro細胞培養技術を確立し、生体内での抗体生成機構の解明を進めてきました。また、明らかにしてきた抗体産生機構に基づき、生体内での抗体産生機構を模倣したinvitro抗体作製技術を開発し、従来の抗体作製技術の短所を克服することを試みています。この技術によりヒト抗体の通常型ではない抗体の作製や改良も可能になりつつあります。

研究室データ

バイオ・創薬部門 細胞機能設計学分野
教授 德光 浩
准教授 金山 直樹
助教 曲 正樹

http://www.okayama-u.ac.jp/user/saibou/