Research

トップページ   研究   生体機能分子設計学分野   先導・ 革新的人工核酸結合タンパク質を用いたウイルス不活性化技術の確立と社会実装

バイオ・創薬部門生体機能分子設計学分野

先導・ 革新的人工核酸結合タンパク質を用いたウイルス不活性化技術の確立と社会実装

ウイルスは、体内に侵入後、細胞内で増殖することにより、最終的に家畜や農作物に感染し、多大な損害を与え続けています。我々は、このウイルスの増殖を阻害することができれば、ウイルス感染を防げるのではないかと考え、人工核酸結合タンパク質を基にした、2つの新しいウイルス不活性化技術を開発してきました。一つ目はウイルス複製タンパク質の機能阻害、二つ目はウイルスゲノムの切断によるウイルス複製阻害です。本プロジェクトでは、これらの技術をさらに発展させ、家畜・ 農作物分野の課題解決に活用するべく、研究に取り組んでいます。

先導・ 革新的人工核酸結合タンパク質を用いたウイルス不活性化技術の確立と社会実装

研究室データ

バイオ・創薬部門 生体機能分子設計学分野 教授 世良 貴史 准教授 飛松 孝正 助教 森 光一

http://www.okayama-u.ac.jp/user/seralab/index.html