Research

トップページ   研究   “瀬戸内学”コミュニティ・パートナーとの地域協働学習

ヒューマンケアイノベーション部門ソーシャルイノベーション論分野

“瀬戸内学”コミュニティ・パートナーとの地域協働学習

“地域創生”が【点の梃入れ】ならば、“瀬戸内学”の目指すのは【面の底上げ】である。多様性豊かな自然や環境、構造に根ざした瀬戸内地域に、基礎学問と社会実践を横断するシヴィック・アントレプレナ人材の育成拠点の構築を目指す。官民連携の中核的担い手たちをコミュニティ・パートナーと位置付け、学生らとの地域協働学習プロジェクトを実践する。これまでは、教委や福武財団などの協賛によるUNOICHI(宇野港拠点のマルシェ)では学部生がブースを設けて、豊島産廃事件の報告と復興のシンボルとして豊島産みかんのPRを行なった。この活動は広がりを見せ、しまなみ海道観光資源化プロジェクトの調査を開始した。世界7大サイクリングコス(CNN)に名を連ねるまでの過程について、関係者や地域住民への包括的インタビュ調査を構想している。

研究室データ

ヒューマンケアイノベーション部門 ソーシャルイノベーション論分野
教授 藤井 大児 
講師 青尾  謙