Research

トップページ   研究   ウェアラブル機器を用いた健康状態の可視化

ヘルスケアサイエンス部門生体情報科学分野

ウェアラブル機器を用いた健康状態の可視化

ウェアラブル機器を用いた健康状態の可視化

身の回りにあるセンサーから私たちに関する様々なデータを取得することができます。そうしたセンサーからのデータを健康のために活用することを試みています。センサーには多様なものがありますが、たとえばスマートウォッチなどのウェアラブルデバイスや寝室に設置したセンサーやから重症度を評価したり、体調変化の予兆を捉えたり、疾患の早期発見をしたり、といったことが可能になることを目指しています。 加速度計を用いた日常生活行動の識別、低負荷運動での身体能力の評価、ベッドセンサーを用いた在宅患者の看取り時期の予測、スポーツ中の心停止の予兆の検出、スマートウォッチによる緊張の評価と緩和などに取り組んでいます。

研究者データ

ヘルスケアサイエンス部門 生体情報科学分野
教授 森田 瑞樹

https://www.bilab.jp