ニュース

ホーム >  ニュース  >  令和3年度日本学術振興会DC特別研究員に1名内定しました

2020年度
2019年度
2018年度
ニュース
トピックス

令和3年度日本学術振興会DC特別研究員に1名内定しました

日本学術振興会「特別研究員」制度は、優れた若手研究者に、その研究生活の初期において、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与えることにより、我が国の学術研究の将来を担う創造性に富んだ研究者の養成・確保に資することを目的として、大学院博士課程在学者及び大学院博士課程修了者等で、優れた研究能力を有し、大学その他の研究機関で研究に専念することを希望する者を「特別研究員」に採用し、研究奨励金を支給する制度です。令和3年度日本学術振興会特別研究員(DC2)に当研究科から以下の学生が採用内定しました。

大塚 里美さん R3年度DC2特別研究員採用内定 (指導教員 德光 浩 教授)
(本件問い合わせ先:ヘルスシステム統合科学研究科 教授 德光 浩)