news

トップページ   分野紹介   生体分子工学分野

2021.02.16

生体分子工学分野

生体分子工学分野

生体分子(タンパク質、ペプチド RNAなど)をもとにした新規機能分子や分子ツールを創り、生命現象の解明や細胞機能の制御に役立てるとともに、医療応用も目指しています。興味を持っている生命現象は、 タンパク質生合成系、 小分子RNAによる翻訳制御系、 ストレス応答機構、細胞周期、細胞分化、 初期発生、 アポトーシス、 エンドサイトーシスなどです。 医学部の先生との共同研究により、がん治療などに向けたRNA医薬の送達(ドラッグデリバリー)に関する研究も行っ ています。 生命の中心的役割を担うRNAやタンパク質に関する “基盤的な技術”をつくれば、 あらゆる生命現象の解明に役立てることができるし、医学・薬学・農学的な実用化研究にも結び付けることができると考え 、「広く生命科学研究に役立つ基盤的な分子ツールや技術」 を開発しようとしています。

生体分子工学分野
生体分子工学分野

研究室データ

バイオ・創薬部門 生体分子工学分野
教授 大槻 高史
助教 渡邉 和則

https://www.okayama-u.ac.jp/user/ohtsuki/