研究科紹介

ホーム >  研究科紹介  >  研究科長挨拶

教育理念・目標
研究科の特徴
概要
組織
教員紹介

研究科長挨拶

大学院ヘルスシステム統合科学研究科は平成30年4月に岡山大学の8番目の研究科として発足しました。

我が国が、現在直面している少子高齢化や地域経済社会の疲弊といった諸課題を解決するためには、これまでの医学と工学技術の学術的連携によって生まれる成果が、人間社会において適切にかつ確実に活用されることが必要になってきています。このような背景を踏まえ、本研究科では、学生が学部や修士課程までに学んだ専門分野(工学・医療・保健・人文社会等)の知識や技術を軸としながら、さらにその垣根を越えた学際的な教育・研究を行います。医療・福祉の現場など、社会のあり方や課題を見つめ、それに対して学術や科学の知見を活かし、人々と一緒に新たなものづくりや社会の仕組み作りができる人材を育成することが、本研究科の目標です。

本研究科での人材育成は、Health(健康及び人間の幸福)のためのSystem(要素とその相互作用)における現場の課題・窮状・その背景を「抽出」「整理」(課題発見)し、それを「解析」(課題分析)し、その結果に基づいて「創り」(解決策開発)、そして「使う」(解決策実施)ことで、現場の「改善」につなげる、というサイクルを、科学的に循環させる能力の育成を主眼としています。これを支えるためには、医療系・人文社会科学系・工学系が同時に取り組む全学的な異分野の統合が必要と考えられ、「統合科学」と名付けました。この構想が具体化し、その結果として医療・健康科学分野において我が国の経済を支える新たな技術を生み、さらにソーシャル・イノベーションを通してこれを社会実装していくことができる高度人材を育成するというコンセプトを掲げるものです。本研究科を修了して授与される学位は、博士前期課程では、「修士(統合科学)」、博士後期課程では、「博士(統合科学)」ですが、この「統合科学」という学位名称は、我が国で新しく認められた初の学位名称です。

また、医工連携・文理融合を特徴とする本研究科の構想は、EUにおけるHorizons 2020やビリニウス宣言を鑑みると世界的にも斬新かつ時流に即したもので、本学も推進している国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成のための人材輩出に大きく貢献できるものと確信しています。今後の国際連携においても、この特徴的異分野統合を活かして海外の大学・研究機関と互恵的関係を構築し、積極的な留学生の受入れ・派遣や共同事業および共同研究を支援し推進していきます。

このような新しい人材の輩出と同時に、博士課程の充実には社会実装を見据えた力強い研究力が必要不可欠ですので、これの維持向上に努め、産学連携・地域連携も視野に入れて発展を図っていきます。