Research

トップページ   研究   環境音からの“賑い度”推定と音源識別による環境音可視化の研究

医療機器医用材料部門人間情報処理学分野

環境音からの“賑い度”推定と音源識別による環境音可視化の研究

音環境は我々の生活に密接に関係している。環境音データが大量に収集できれば、環境音から情報を抽出して音環境の実態を把握するとともに、音環境を改善するための対策も検討できるであろう。一方、スマートデバイスの普及により音響信号と位置情報とを同時に収集できるよう環境が整ってきた。そこで、本研究では、不特定多数のユーザによってスマートデバイスを用いて場所や時間を限定せずに環境音を収集し、環境音から音源や“人の賑わい”を推定して音環境を可視化することを目指している。これらの推定情報を長期間蓄積すれば、都市設計や施設の設置場所の検討などに活用できる。また、祭りなどのイベントでは、これらの推定情報はイベント運営の効率化や、過度な混雑による事故を未然に防ぐことが期待できる。

研究室データ

医療機器医用材料部門 人間情報処理学分野
教授 阿部 匡伸 
助教 原 直
講師 相田 敏明