Research

トップページ   研究   プロセスモデルに基づく医療安全教育のためのゲーミングシミュレーション法の開発

ヘルスケアサイエンス部門基礎看護学分野

プロセスモデルに基づく医療安全教育のためのゲーミングシミュレーション法の開発

リスク感性の教育に不可欠なことは、主観的に“痛みを感じる教育”であると言われます。それを可能にする参加・体験型教育のニーズと、失敗の許されない現場のニーズを両立させて、心理的に巧妙に構築された模擬体験を用いるゲーミングシミュレション法による医療安全教育を着想しました。背景には、独自に開発した理論モデル「医療事故生成プロセス防御モデル」を据え、臨床現場への適用に踏み切ります。アセスメントから訓練に至るゲームの多層的利用による、新しい医療安全教育体系を提案するプロジェクトに取り組んでいます。

研究室データ

ヘルスケアサイエンス部門 基礎看護学分野
教授 兵藤 好美