Research

トップページ   研究   抗がん剤治療と腸内細菌

ヘルスケアサイエンス部門臨床応用看護学分野

抗がん剤治療と腸内細菌

近年、腸内細菌叢が我々の免疫に及ぼす作用が注目されています。我々はWGSという手法を用いて腸内細菌叢を検討しています。今後、抗がん剤治療による腸内細菌叢の変化と抗がん剤の効果の関連、高齢者介護施設に於ける食事との関連など、様々な検討を行う予定です。手術前の全身化学療法の有効性と乳がん患者の腸内細菌の変化との関係を調査するために多施設試験が進行中です。

研究室データ

ヘルスケアサイエンス部門 臨床応用看護学分野
教授 松岡 順治