education

トップページ   教育   カリキュラム   ディプロマポリシー

ディプロマポリシー

博士前期課程

岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科では,所定の期間在学し,定められた授業科目を履修して,所定の単位数を取得し,学部教育で学んだ専門知識とそれを応用して課題を創造的に解決する能力を有することを前提として,以下の技能を基本的に修得した学生に「修士(統合科学)」の学位を授与する。

  • 学部で学んだ専門領域をさらに深め,また本研究科で学ぶ他専門領域の視座や手法を踏まえて,社会の多様な課題の創造的解決に取り組むことができる。
  • 医療や介護の現場,予防的医療や生老病死にかかわる現場を構成するヒトとモノとしくみ(ヘルスシステム)における多様な困難や課題を理解し,研究開発を実施することができる。
  • 専門的知識を活用して,課題の記述と解決への貢献ができる。
  • 他者との協働のもと社会で活用されるモノやアイディアを創出し課題の解決に貢献しイノベーションの基盤を支えることができる。

博士後期課程

岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科では,所定の期間在学し,定められた授業科目を履修して,所定の単位数を取得し,現場の課題を整理し建設的な仮説を立てることが出来,その仮説を諸専門の手法を組み合わせながら適切な科学的方法で証明できる研究能力を有することを前提として,以下の技能を基本的に修得した学生に「博士(統合科学)」の学位を授与する。

  • 医療や介護の現場,予防的医療や生老病死にかかわる現場を構成するヒトとモノとしくみ(ヘルスシステム)における多様な困難や課題を理解し,研究及び技術開発を実施することができる。
  • 統合科学のアプローチの理解と,課題解決に貢献する専門知識を身に付けている。
  • 物質面及び人間の理解を併せ持つことで,個人の専門分野を活かしつつ他分野を理解して,社会において活用されるモノやアイディアを他者と協働して創出できる。
  • 自ら方針を示して課題の解決に貢献し,イノベーションの基盤を支える研究及び技術開発の能力を身に付けている。