news

トップページ   分野紹介   キリスト教文化論分野

2021.02.17

キリスト教文化論分野

キリスト教文化論分野

キリスト教文化論分野

キリスト教文化論では、東西キリスト教の伝統における人間観(とくに、命のはじまり、病と老い、死と死後の世界観や魂と身体の関係性に関する問題)についての思想史的・宗教学的研究を行っています。よく知られているように、キリスト教は欧米の医療・生命倫理の成立に大きな影響を与えており、現代日本における医療・生命倫理の問題を考える上でも、キリスト教的人間観についての基本的理解を持っておくことは極めて重要です。研究の方法としては、人間観についての聖書や、古代・中世の東西キリスト教会における思想家たちのテクストの分析から、現代の医療・生命倫理の議論に対する東西キリスト教会の反応の分析まで、(学生の関心に応じて)時代と地域を超えて広範囲に及びます。

研究者データ

ヒューマンケアイノベーション部門 キリスト教文化論分野
助教 袴田  玲