教育

ホーム >  教育  >  カリキュラムポリシー

学科・専攻の紹介
シラバス
カリキュラムポリシー
ディプロマポリシー

カリキュラムポリシー

博士前期課程 教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

人材育成のサイクルをなす、4群の活動(①自然・社会(現場)に対して、②それを観察解析する学術を行う活動が対応し、③構成的な学術を行う活動として、その知見を応用してものづくりや新制度考案などアイディア創出を行い、④その成果であるアイディアを応用して行動する活動がまた①自然・社会(現場)を相手にしていく(社会での活用)、という4群の活動が循環するサイクル)に対応連携させて、

  • ・ヘルスシステム統合科学としての前期課程レベルの専門を扱う「統合科目」
  • ・ヘルスシステム統合科学を構成する専門分野の知識や思考を前期課程レベルに深化させる「専門科目」

の二種類の科目からなる統一カリキュラムを編成する。

博士後期課程 教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

人材育成の、4つの活動(①自然・社会(現場)に対して、②それを観察解析する学術を行う活動が対応し、③構成的な学術を行う活動として、その知見を応用してものづくりや新制度考案などアイディア創出を行い、④その成果であるアイディアを応用して行動する活動がまた①自然・社会(現場)を相手にしていく(社会での活用)、という4群の活動が循環するサイクル)に対する個々の専門の知識や能力をさらに高めるとともに、医療関連の現場を直視して自然科学及び人文社会科学双方の知性を兼ね備え、サイクルの中の複数の人材育成の活動を連携させる総合的な能力を高められるように、

  • ・ヘルスシステム統合科学としての後期課程レベルの専門を扱う「統合科目」
  • ・ヘルスシステム統合科学を構成する専門分野の知識や思考を後期課程レベルに深化させる「専門科目」

の二種類の科目からなる体系的・段階的なカリキュラムを編成する。